2017年 12月 20日 ( 1 )

b0171771_04311216.jpg
参考写真:包丁で切り揃えた蕎麦
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%95%8E%E9%BA%A6

 年の瀬の食卓を飾る そばの製造 が,そばどころの新得町でピークを迎えています。
 新得物産の製麺工場内では,普段の2倍に当たる1日3万5000食分を製造しています。

b0171771_18172293.jpg
新得物産株式会社
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「 師走スケッチ『そば生産ピーク 新得』」 と伝えています。
 【新得】年の瀬の食卓を飾るそばの製造が,そばどころの新得町でピークを迎えている。新得物産(町基線104,清水輝男社長)の製麺工場内では,3メートルの細長いそばの束が簾(すだれ)のようにつるされ,従業員が慌ただしく作業を進めている。

 同社は年間出荷の約4分の1が12月に集中する。人員を増やして態勢を整え,普段の2倍に当たる1日3万5000食分を製造。つるされたそばは,冷風低温の乾燥室をゆっくり移動し,風味を損なわないように24時間かけて乾かしている。

-略-

 台風10号による被害で,収穫量が約40トンに落ち込んだ昨年とは一転,今年は豊作となって例年以上の約110トンが確保でき,味,香りともに最高という。

-略-

(小寺泰介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年12月16日13時21分の記事
[PR]