2017年 11月 28日 ( 1 )

b0171771_04532190.jpg
広尾町役場
=2016年8月撮影

 優れた経営をしている全道の新規就農者を表彰する 「新規就農者優良農業経営者表彰」 で,広尾町内の 酪農家菊地亮太さんが 最優秀賞 に選ばれました。
 千葉県出身の菊地さんは2009年,ともに帯広畜産大学卒の妻亜希さんと就農し,放牧で安定した経営を実現しました。
 表彰式は11月9日に札幌市内で行われ,24日は広尾町役場を訪れ村瀬優町長に受賞を報告した。

b0171771_04553614.jpg
帯広畜産大学
=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「広尾の菊地さん,新規就農者の全道最優秀賞に」 と伝えています。
 【広尾】優れた経営をしている全道の新規就農者を表彰する「新規就農者優良農業経営者表彰」で,町内の酪農家菊地亮太さん(36)が最優秀賞に選ばれた。千葉県出身の菊地さんは2009年,ともに帯広畜産大学卒の妻亜希さん(33)と就農し,放牧で安定した経営を実現。「支えていただいた皆さまのおかげ」と受賞を喜んでいる。

 同表彰は北海道農業公社(竹林孝理事長)が主催。今年で20回目で,最優秀賞の受賞は十勝から6人目,町内で2人目となる。

-略-

 菊地さんは「町役場,農協,町担い手センターなど多くの方にサポートしていただき,受賞できた」と感謝する。農業経営について「牛に教えられ,遠回りしながら試行錯誤してきた。消費者出身で買う人の気持ちを意識してきたので,体細胞数の低さ(乳質の良さ)で評価されたのはうれしい」と手応えを感じる。

 同じ千葉出身の亜希さんも意見を出し合いながら経営を担う他,一次産業に触れ合う地域イベント「ピロロフェス」を,13年から中心となって企画する。

 表彰式は9日に札幌市内で行われ,24日は町役場を訪れ村瀬優町長に受賞を報告した。

-略-

(眞尾敦)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年11月24日13時00分の記事
[PR]