2017年 11月 14日 ( 1 )

b0171771_02183384.jpg
ナイガイ書店
=2014年8月撮影

 12月末,池田町内唯一の 書店「趣味のナイガイ」が閉店 します。
 かつては喫茶店を併設し,レコード販売も行い,若者の集う拠点でしたが,電子書籍など書店経営が厳しい時代を迎える中で,42年にわたる“まちの本屋さん”が姿を消すことになります。

 十勝毎日新聞が, 「創業42年 池田に唯一の書店 「ナイガイ」年末閉店」 と伝えています。
 池田町内唯一の書店「趣味のナイガイ」(町大通5,井上明さん経営)が12月末で閉店する。かつては喫茶店を併設し,レコード販売もあり,若者の集う拠点だったが,電子書籍など書店経営が厳しい時代を迎える中で,自身の年齢(67)も考慮した。42年にわたる“まちの本屋さん”が姿を消す。

 同店は1975年に開店した。井上さんの妻真砂子さん(66)が前オーナーの元で働いていたが,91年のオーナー死去に伴い,帯広市内でサラリーマンをしていた井上さんが引き継ぐことになった。

 経営を始めたころは,池田高校の生徒や町民らがよく訪れていたが,コンビニエンスストアや通信販売,電子書籍の普及と同時に,町の少子高齢化が進み人口が著しく減少。来店者が徐々に減った。

-略-

 店は12月30日で閉める予定。それまでは午前9時から午後6時まで営業。日曜定休。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年11月0日 13時51分日時分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201711/20171110-0027897.php
[PR]