2017年 11月 06日 ( 1 )

b0171771_06422427.jpg
本別中学校
=2016年9月撮影

 10月30日,本別中学校の2年生45人を対象に,道医師会の長瀬清会長の 講演と医療機器の体験会 が開かれました。
 「夢を育てよう」のテーマの下,生徒たちは医療への理解を深めました。
 医療体験では本別町国保病院の医師も協力し,生徒たちは腹腔鏡手術トレーニングや超音波エコー装置の使い方の説明を受け,実際に体験しました。

b0171771_18253210.jpg
参考写真:新生児のエコー検査
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E9%9F%B3%E6%B3%A2%E6%A4%9C%E6%9F%BB

 十勝毎日新聞が, 「医療への理解深める 本別中で講演と機器の体験会」 と伝えています。
 【本別】本別中学校(池浦暢校長)で10月30日,同校2年生45人を対象に,道医師会の長瀬清会長の講演と医療機器の体験会が開かれた。「夢を育てよう」のテーマの下,生徒たちは医療への理解を深めた。

 道や道医師会などが主催する「地域医療を担う青少年育成事業」。2012年には本別中央小学校でも実施している。この日は山谷吉宏副知事も来町した。

-略-

 医療体験では町国保病院の医師も協力。生徒たちは腹腔鏡手術トレーニングや超音波エコー装置の使い方の説明を受け,実際に体験した。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月31日20時30分の記事
[PR]