2017年 11月 01日 ( 1 )

b0191190_00141938.jpg
北海道立農業大学校
=2016年5月撮影

 10月21日,本別町西仙美里にある北海道立農業大学校で,学生が生産・加工した農畜産物を販売する, 秋恒例の「農大市」 が開かれました。
 野菜や黒毛和牛の肉,アイスクリームやチーズなどの加工品が販売されました。

b0191190_00151782.jpg
北海道立農業大学校
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「農畜産物の売り切れも 本別で「農大市」」 と伝えています。
 【本別】道立農業大学校(町西仙美里,友成公士校長)の学生が生産・加工した農畜産物を販売する「農大市」が21日,同校で開かれた。

 野菜や黒毛和牛の肉,アイスクリームやチーズなどの加工品が販売された。ジャガイモは2キロ100円,タマネギ詰め放題300円(5キロ相当)と,多くは割安の価格設定だった。  学生たちは丹精込めて育てた作物をPR。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月30日12時05分の記事
[PR]