2017年 10月 20日 ( 1 )

b0171771_03280099.jpg
参考写真:「唐竿」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E6%A3%B9

 10月4日,音更町柳町南区に住む高齢者親睦グループ「なかよしクラブ」は,家庭菜園で育てたソバを収穫しました。
 約600㎡に,道内で古くから栽培されていた「ぼたんそば」を栽培しました。
 昔の木製農機具 「唐竿(からさお)」を使って脱穀作業 に汗を流しました。

 十勝毎日新聞が, 「懐かし「唐竿」で汗 ソバ脱穀 高齢者グループ 音更」 と伝えています。
 音更町柳町南区に住む高齢者親睦グループ「なかよしクラブ」(会員7人)は4日,家庭菜園で育てたソバを収穫した。「唐竿(からさお)」と呼ばれる昔の木製農機具を使い,脱穀作業に汗を流した。

-略-

 ソバは余った畑を利用して共同で栽培。約600平方メートルに,道内で古くから栽培されていた「ぼたんそば」を植えた。

 「年寄りのグループなので,昔ながらの方法で脱穀しよう」と唐竿を使うことを思いついた。4日の収穫作業には5人が参加。近くの農家などに保管してあった唐竿を譲り受け,手慣れた手つきで収穫したソバをたたき,実を落とした。

-略-

<唐竿(からさお)>
 穀物の脱穀作業に使用する道具。長い竹ざおの先端に,回転する短い棒を取り付けた形状をしている。このさおを持ち,むしろの上に広げられた穀物を,短い棒を回転させながらたたき,脱穀する。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年10月11日 13時48分の記事
[PR]