2017年 09月 25日 ( 1 )

b0171771_07113123.jpg
参考図:小惑星探査機「オサイリス・レックス」(想像図)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

 9月22日未明,りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台が,NASAの 小惑星探査機 「オサイリス・レックス」 をカメラに捉えました。
 探査機は2016年に打ち上げられ,2019年に小惑星「ベンヌ」に到着後,サンプルを回収して2023年に帰還する。

b0171771_09430934.jpg
115cm大型反射望遠鏡「りくり」
=2017年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「NASAの探査機捉える 銀河の森天文台」 と伝えています。
 【陸別】りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台は22日未明,NASAの小惑星探査機「オサイリス・レックス」をカメラに捉えた。

 同探査機は2016年に打ち上げられ,19年に小惑星「ベンヌ」に到着後,サンプルを回収して23年に帰還する。ベンヌへは,地球をかすめて飛ぶことで,地球の引力を利用して加速し,軌道を変更する航行技術「スイングバイ」が用いられる。

 今回撮影したのは,「地球スイングバイ」約1日前の同探査機。22日午前1時半から同2時まで,同天文台の大型反射望遠鏡のカメラが捉え,写真を合成すると,くっきりと探査機の軌跡が確認できる。

-略-

(木村仁根)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年09月22日11時46分の記事
[PR]