2017年 08月 20日 ( 1 )


b0171771_06525135.jpg
道東自動車道・十勝清水IC
=2014年8月撮影

 8月18日の清水町で起きた観光バス横転事故では,バスが立ち寄る予定だった 清水ドライブイン「とかち亭」の従業員 らが発生直後,迅速に 乗客の救助 に当たったのです。
 十勝亭からは従業員数人が駆け付け,脱出して道路脇に座り込む乗客に飲料を渡すなどし,救急搬送まで寄り添いました。

 私(ブログ作成者)には,今回の事故が人がごとには思えませんでした。
 私は,帰省の折,千歳空港から道東自動車道を使って「とかち亭」にも立ち寄ったことが何度かあったのです。
 事故は,あってはなりません。しかし,起きてしまったので,どうすることもできません。だが,十勝亭の従業員の方々の適切な対応に,ただ感心させられます。
 清水町は,昨年の台風でインフラが大きな被害を受けました。また,少なからず観光客の減少もあったことでしょう…。
 今回の報道に接して,清水町の人々の心の温かさを感じました。
 次回の帰省では,また寄ってきたいと思います。

b0171771_07095956.jpg
清水ドライブイン「とかち亭」
2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『バス来ない』 清水のドライブイン従業員が救助協力」 と伝えています。
 【清水】18日の観光バス横転事故では,バスが立ち寄る予定だった清水ドライブイン十勝亭の従業員らが発生直後,迅速に乗客の救助に当たった。

 「バスが休憩に来ると聞いていたが,なかなか来なかった。心配になって近くまで行くと,バスが横転していて驚いた」。同社の野崎慎太郎さん(37)は当時の様子を語る。  まだ警察や救急隊も到着しておらず,乗客もバスの中に取り残されている状況だったため,乗客をのり面から道路に引き上げる作業に当たった。

-略-

 十勝亭からは従業員数人が駆け付け,脱出して道路脇に座り込む乗客に飲料を渡すなどし,救急搬送まで寄り添った。

-略-

()


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年08月19日13時40分の記事
[PR]