2017年 08月 11日 ( 1 )

b0171771_07382651.jpg
参考写真:JALエクスプレス 737-800型機
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0737

 8月2日,日本航空(JAL)の 帯広-中部国際空港(名古屋)線 の4年目となる 季節運航が開始 されました。
 運航日は日・月・水・金曜日の週4往復で,出発時刻は名古屋発が午前11時5分,帯広発が午後2時25分です。
 機材は帯広-羽田線と同型のボーイング737-800を使用します。

b0171771_07371824.jpg
参考写真:中部国際空港
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%83%A8%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF

 十勝毎日新聞が, 「名古屋線の運航スタート 初便の161人歓迎」 と伝えています。
 日本航空(JAL)の帯広-中部国際空港(名古屋)線の4年目となる季節運航が2日,始まった。上下線とも初便から昨年度を上回る搭乗客数を記録し,好調なスタートを切った。

 名古屋発の初便は同日午後0時50分,昨年度より11人多い161人を乗せてとかち帯広空港に到着。到着口前では,JAL帯広支店の鈴木剛支店長や帯広空港ターミナルビルの本迫哲専務ら8人が法被姿で出迎え,冷えた「おびひろ極上水」と菓子,十勝の観光パンフレットをセットにした袋を一人ひとりに手渡した。

-略-

 帯広-名古屋線は昨年度同様,8月の1カ月間に週4往復(1日1往復)する。運航日は日・月・水・金曜日で,出発時刻は名古屋発が午前11時5分,帯広発が午後2時25分。機材は帯広-羽田線と同型のボーイング737-800(165席)を使用する。(小縣大輝)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年08月02日18時00分の記事
[PR]