2017年 07月 30日 ( 1 )

b0171771_00105589.jpg
タウシュベツ橋梁
=2014年8月撮影

 北海道観光振興機構の 2017年度北海道観光ポスター (4枚一組)に,上士幌町糠平の 「タウシュベツ橋梁」が採用 されました。 今年は景観にこだわらず,観光客が集まる観光スポットを採用しました。
 応募16点の中から4カ所を選び,タウシュベツ橋梁のほか,「小樽運河」のクルーズ,カヤックで行くオホーツク管内斜里町の「カシュニの滝」,「支笏湖氷涛まつり」が採用されました。

b0171771_00093941.jpg
参考写真:小樽運河
=2011年11月
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%A8%BD%E9%81%8B%E6%B2%B3

 十勝毎日新聞が, 「道内観光の「顔」に採用 ポスターにタウシュベツ橋梁」 と伝えています。
 北海道観光振興機構(堰八義博会長)の2017年度北海道観光ポスター(4枚一組)に,上士幌町糠平の「タウシュベツ橋梁(きょうりょう)」が採用 されました。

 今年のポスターは「1人でも,2人でも,家族でも,大勢でも・行こうよ北海道」がテーマ。これまでのポスターは自然景観を公募していたが,今年は景観にこだわらず,観光客が集まる観光スポットを採用。応募16点の中から4カ所を選んだ。

 タウシュベツ橋梁のほか,「小樽運河」のクルーズ,カヤックで行くオホーツク管内斜里町の「カシュニの滝」,「支笏湖氷涛まつり」が採用された。

-略-

(道下恵次)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年07月24日17時00分の記事
[PR]