2017年 07月 10日 ( 2 )

b0171771_05055624.jpg
帯広百年記念館
=2015年8月撮影

 7月6日,博物館の課題や情報の活用などを研究する「第56回北海道博物館大会」が,帯広市内の帯広百年記念館で開かれました。
 研究大会では,浦幌町立博物館の持田誠学芸員が「掘り起こす」を主題にした事例報告等が行われました。
 7日は,帯広百年記念館,帯広市児童会館,北海道立帯広美術館,おびひろ動物園を見学します。

b0171771_05070182.jpg
北海道帯広美術館=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「博物館の使命考える 帯広で研究大会」 と伝えています。
 博物館の課題や情報の活用などを研究する「第56回北海道博物館大会」(道博物館協会,帯広市教委など主催)が6日,帯広市内の帯広百年記念館で開かれた。

-略-

 開会式では,道博物館協会の石森秀三会長が「地域の宝を記録し後世に伝える重要な使命について考える時期。地方創世相の『学芸員はがん』発言もあったが,学芸員の使命を再検討し,この大会を期に博物館の活動が活発になることを期待したい」とあいさつした。

 続いて研究大会に移り,浦幌町立博物館の持田誠学芸員が「掘り起こす」,北広島エコミュージアムセンターの畠誠学芸員が「伝える」,平取町立二風谷アイヌ文化博物館の関根健司学芸員が「のこす」を主題に事例を報告した。

 7日は帯広百年記念館,帯広市児童会館,北海道立帯広美術館,おびひろ動物園を見学する。(藤島諒司)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年07月06日20時01分の記事
[PR]
b0171771_03111662.jpg
参考写真:NHK交響楽団練習場
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/NHK%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%A5%BD%E5%9B%A3

 8月5日,足寄町出身でNHK交響楽団の正楽員のチェロ奏者村井智さんらによる 「足寄クラシックコンサート2017」 が,足寄町民センターで開かれます。
 村井さんは1991年生まれの25歳で,足寄小学校,足寄中学校を卒業,桐朋女子高等学校,桐朋学園大学などを経て,昨年,狭き門のN響に入り,現在も最年少正楽員です。
 同じく足寄出身のクラリネット奏者坂田光子さんらも加わります。
 坂田さんは足寄西小学校,足寄中学校,本別高校,名古屋芸術大学器楽科を卒業し,同大大学院修了。,本別高校,名古屋芸術大学器楽科を卒業し,同大大学院修了しました。

足寄町民センター
=撮影

 十勝毎日新聞が, 「村井さん故郷で公演 足寄で来月5日 N響最年少チェリスト」 と伝えています。
 【足寄】NHK交響楽団(N響)の正楽員,町出身のチェロ奏者村井智(さとる)さんらによる「足寄クラシックコンサート2017」が8月5日,町民センターで開かれる。同じく足寄出身のクラリネット奏者坂田光子さんらも加わり,国内トップクラスの音色を響かせる。

 村井さんは1991年生まれの25歳。足寄小,足寄中を卒業。桐朋女子高等学校(共学),桐朋学園大学などを経て,昨年,狭き門のN響に入り,現在も最年少正楽員。

 今公演は「村井智と仲間たち」のサブタイトルで,村井さんと交流のある音楽家やN響メンバーが出演する。

-略-
 
坂田さんは足寄西小,足寄中,本別高校,名古屋芸術大学器楽科を卒業し,同大大学院修了。ベルギー王立アントワープ音楽院でマスターを取得。名古屋を拠点に活動を続けている。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年07月09日12時05分の記事
[PR]