2017年 07月 08日 ( 1 )

b0171771_04031114.jpg
参考写真:モンゴルの首都ウランバートル
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E5%9B%BD

 道中小企業家同友会とかち支部が行う国際協力機構(JICA)草の根技術協力事業の一環で,モンゴルから2人が来勝して 農産物直売所の研修 を受けています。
 7月3日,浦幌町内の農産物直売所「ザ・ベジタブルショップ21」で,農産物直売について学び,8月4日までの約2カ月間,十勝管内に滞在し,モンゴルで9月に開業を目指す直売所に十勝の直売形式などを取り入れる計画です。

十勝毎日新聞が, 「浦幌で直売所研修 モンゴル農業青年ら2人」 と伝えています。
 【浦幌】道中小企業家同友会とかち支部が行う国際協力機構(JICA)草の根技術協力事業の一環で,モンゴルから2人が来勝して農産物直売所の研修を受けている。町内の農産物直売所「ザ・ベジタブルショップ21」で3日,農産物直売について学んだ。8月4日までの約2カ月間,管内に滞在。同国で9月に開業を目指す直売所に十勝の直売形式などを取り入れる。

 同事業は2016年3月から19年3月まで,十勝に近い気候のモンゴルで農産物の品質向上と,農産物直売所開設による農家の所得向上を目指すもの。十勝からは,観光施設「十勝まきばの家」(池田町)を運営する林秀康社長らが同国を訪れ,直売所設置の準備を進めてきた。

 来勝しているのは農家のニャムバダルチ・オンドラフビレグさん(36)と,小売業のナランツェツェグ・ナンディンドラムさん(26)の2人。

-略-
(関坂典生)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年07月04日11時47分の記事
[PR]