2017年 07月 02日 ( 1 )

b0171771_03391118.jpg
参考写真:ブロッコリー
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%BC

 6月28日,昨年夏の台風で工場全域が浸水する被害に遭った芽室町にある 日本罐詰十勝工場 が10カ月ぶりに 操業を再開 し,報道陣に公開されました。
 第1弾として,冷凍ブロッコリーの製造を開始し,他の農作物も例年のスケジュール通り順次受け入れて,主力のスイートコーンは8月中旬からラインを稼働する予定です。

b0171771_05420372.jpg
日本罐詰十勝工場(芽室町)
=2012年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「日罐十勝工場が再開 浸水から10カ月ぶり 芽室」 と伝えています。
 昨年夏の台風で工場全域が浸水する被害に遭った日本罐詰十勝工場(芽室)が10カ月ぶりに操業を再開,28日に報道陣に公開された。第1弾として冷凍ブロッコリーの製造を開始,他の農作物も例年のスケジュール通り順次受け入れ,主力のスイートコーンは8月中旬からラインを稼働する。

 同工場は昨年8月末,台風に伴う豪雨で氾濫した芽室川の水が流入,汚泥が積もり,操業停止に追い込まれた。親会社の明治は3カ年の復興計画を発表,主力のスイートコーン缶詰(2015年度で国産シェア84%)の製造を中止する一方,レトルトパウチ事業と冷凍野菜の製造・販売事業を拡大する方針を示した。

 復旧費は35億円。工場の西・南側で防水壁の設置工事を進め,28日にはパウチ工場に新しい充填機械を搬入した。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年6月28日 13時47分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201706/20170628-0026904.php
[PR]