2017年 05月 25日 ( 1 )

b0191190_04243155.jpg
参考写真:八重咲きのマツバボタン
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3

 5月18日,浦幌町内の高齢者生涯学習の場となる上浦幌寿大学の12人と,上浦幌中学校の生徒16人と教員が, 中学校の花壇整備 を行いました。
 中学校の正面玄関の左右の花壇にマリーゴールド,松葉ボタン,サルビア,ペチュニアなど300株以上を生徒のデザインに沿って植えました。
b0191190_20421023.jpg
浦幌町立上浦幌中学校=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「高齢者と中学生が花壇整備 浦幌」 と伝えています。
 【浦幌】町内の高齢者生涯学習の場となる上浦幌寿大学の12人と,上浦幌中学校(池田哲校長)の生徒16人と教員で18日,同中学校の花壇整備を行った。

 古川稜真広報委員長(3年)が「寿大学の皆さんと交流し,花を植えましょう」と呼び掛けた。池田校長が「今年は,5回の交流を予定している。多くの参加を」と要望した。上浦幌公民館の鈴木信男館長は「花壇が元気を与えてくれる。元気の出る花をたくさん植えて」と話した。

 同中学校の正面玄関の左右の花壇にマリーゴールド,松葉ボタン,サルビア,ペチュニアなど300株以上を生徒のデザインに沿って植えた。寿大学のお年寄りは慣れた手つきで植えていた。

-略-

 作業終了後は,生徒とお年寄りが一緒に給食を取った。 (広橋基嗣通信員)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年05月24日15時05分の記事
[PR]