2017年 03月 21日 ( 1 )

b0171771_01362410.jpg
参考写真:札幌ドームクローズドアリーナ(野球場モード)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0

 3月25日,足寄町は,プロ野球・ 北海道日本ハムファイターズと パートナー協定 を結びます。
 新年度から3年間,人材派遣を受けながらスポーツや観光によるまちづくりを進めます。
 協定の締結は道内で5番目で,十勝では初めてです。
 女性ストレッチ教室,子どもから高齢者までの野球教室,元ファイターズガールを迎えたダンス教室,管内強豪野球チームと元選手も含めた町選抜チームとの親善大会,道の駅へのファイターズ応援ブース設置,球団イベントへの参加,特産品の共同開発,食育指導などを計画しています。

b0171771_01340761.jpg
道の駅足寄=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「足寄町,日ハムと協定 十勝初」 と伝えています。
 【足寄】町は25日,プロ野球・北海道日本ハムファイターズとパートナー協定を結ぶ。新年度から3年間,人材派遣を受けながらスポーツや観光によるまちづくりを進める。同協定の締結は道内で5番目,十勝では初めて。

 足寄では2014年度に同球団の公認後援会が発足し,応援大使(飯山裕志,中島卓也両選手)らとイベントを通して交流。昨年は大雨・台風被害もあり,ファイターズ熱を活用した元気なスポーツコミュニティづくりを望む町が球団に打診,今協定となった。

 基本的な締結事項は▽スポーツ▽観光▽食と健康-によるまちづくりで,17年度から3年をかけ,30を超える多彩な事業に取り組んでいく計画。

 具体的には,女性ストレッチ教室,子どもから高齢者までの野球教室,元ファイターズガールを迎えたダンス教室,管内強豪野球チームと元選手も含めた町選抜チームとの親善大会,道の駅へのファイターズ応援ブース設置,球団イベントへの参加,特産品の共同開発,食育指導など。

-略-

 道内では後志管内ニセコ町,美唄市,空知管内新十津川町,紋別市に続く協定締結となる。(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年03月14日10時40分の記事
[PR]