2017年 03月 08日 ( 1 )

b0171771_03393921.jpg
帯広高等看護学院
=2017年2月撮影

 3月3日,帯広高等看護学院と道社会事業協会帯広看護専門学校,市内2校の看護学校で卒業式 が行われ,あわせて63人の卒業生が,医療人として新たな一歩を踏み出しました。

b0171771_03400930.jpg
帯広看護専門学校
=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「看護学校2校で卒業式」 と伝えています。
 帯広高等看護学院(菊池英明学院長)と道社会事業協会帯広看護専門学校(阿部厚憲学校長)の卒業式が3日,開かれ,卒業生が医療人として新たな一歩を踏み出した。(松村智裕)

高岡さん答辞 帯広高等看護学院37人
 ○…帯広高等看護学院では,看護学科45期生の37人(うち男性5人)が学びやを巣立った。
 菊池学院長が全員に卒業証書を授与し,「プロの誇りを持ち,自信と笑顔で患者さんに勇気や平穏を与え続けてほしい」と式辞。

-略-

大野さん答辞 帯広看護専門学校26人
 ○…道社会事業協会帯広看護専門学校では,第23期生26人(うち男性1人)が卒業した。
 式は帯広市民文化ホールで開かれ,阿部校長が「医学が進歩しても主役は人。患者さんから学び,支えてほしい」とあいさつした。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年03月04日10時16分の記事
[PR]