2017年 03月 01日 ( 1 )

b0171771_09230697.jpg
参考写真:裏千家今日庵の兜門
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%8F%E5%8D%83%E5%AE%B6

 茶道の活動を通じて感じたことを自由につづる,茶道裏千家淡交会が主催する今年度の「学校茶道エッセイ」の学生の部で, 帯広大谷短期大学の 畠山紗也香さんが優秀賞 に輝きました。
 また,同じ大谷短大の佐藤芙美さんが第1席,齋藤汐那さんが佳作を受賞しました。
 学生の部には全国から160点の応募があり,3人はともに生活科学科栄養士課程2年で,茶道部で活動しています。

第38回 学校茶道エッセイ「学生の部」入賞者(敬称略
◇優秀賞(8名)
 畠山紗也香/帯広大谷短期大学 「十人十色のかくれんぼ」
 太田ありか/筑波大学 「祈りのかたち」
 前田利江/人間環境大学 「茶と心理療法の道」
 松嶋矩央/佛教大学 「格致日新」
 金本帝和/大阪医科大学 「茶道と歩く」
 段上美香/就実大学 「精神を磨く」
 何 思慧/広東外語外貿大学(中国) 「清の心」
 林  捷/広東外語外貿大学(中国) 「平常心是道」

b0171771_09215670.jpg
帯広大谷短期大学
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「帯大谷短大の畠山さん最高賞 全国学校茶道エッセイ」 と伝えています。
 【音更】茶道の活動を通じて感じたことを自由につづる,今年度の「学校茶道エッセイ」(茶道裏千家淡交会主催)で,学生の部で帯広大谷短期大学の畠山紗也香さん(20)が最高賞の優秀賞に輝いた。佐藤芙美さん(同)が第1席,齋藤汐那さん(同)が佳作を受賞した。

 学生の部には全国から160点の応募があった。3人はともに生活科学科栄養士課程2年で,茶道部(佐渡綾音部長,部員13人)で活動している。同短大生の優秀賞は3度目の受賞で,3人が同時入賞したのは初めて。1月に同短大で伝達式が行われ,田中厚一学長から賞状と記念品を受け取った。

 畠山さんのエッセーは「十人十色のかくれんぼ」と題し,茶会で亭主(主催者)がどのような気持ちでおもてなしをしているかを知ったことをつづった。

-略-

 すでに病院の栄養士として就職も決まり「食器や調理の盛り付けなど,茶道から学んだおもてなしの心を生かしたい」と抱負を話した。

-略-

(伊藤健蔵通信員)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年02月18日6時30分の記事
[PR]