2017年 02月 14日 ( 1 )

b0171771_05242344.jpg
ランチョ・エルパソの豚丼
=2017年2月撮影

 2月10日は 「豚丼の日」 です。十勝管内ではスーパーが販売に力を入れ,独自サービスを行う飲食店が増えるなど,記念日の存在は徐々に浸透しています。「認知度はまだまだ低い」と関係者は口にするのですが,帯広・十勝のご当地グルメのさらなる盛り上がりを願っていまう。
 豚丼の日は,「2(ぶた),10(どん)」の語呂合わせで,豚丼のたれなどを扱う食品メーカー「ソラチ」が日本記念日協会に登録申請し,2010年に認定されました。

 私(ブログ作成者)は,2月に帰省した折,ランチョ・エルパソで豚丼を食べることができました。

b0171771_05242276.jpg
ランチョ・エルパソ(帯広市)
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「きょう2月10日は「豚丼の日」 帯広」 と伝えています。
 2月10日は「豚丼の日」。十勝管内ではスーパーが販売に力を入れ,独自サービスを行う飲食店が増えるなど,記念日の存在は徐々に浸透している。「認知度はまだまだ低い」と関係者は口にするが,帯広・十勝のご当地グルメのさらなる盛り上がりを願っている。

 豚丼の日は,「2(ぶた),10(どん)」の語呂合わせ。豚丼のたれなどを扱う食品メーカー「ソラチ」(本社工場・芦別市)が日本記念日協会に登録申請し,2010年に認定された。

 帯広市内のフクハラいっきゅう店(西19南2)は10日,豚丼の試食販売コーナーを設けた。清水産と北海道産の豚肉に豚丼のたれを絡め,食欲を誘う匂いが漂った。宮本武蔵グロサリーチーフは「豚丼の日は普段よりおいしい肉を食べませんかと提案し,他の日と差別化を図りたい」と話した。

 管内では近年,新規飲食店を中心に,豚丼の日に合わせたサービスが広がっている。ある経営者は「常連客が多い老舗豚丼店とは異なる。独自企画で集客につなげたい」と狙いを語る。

-略-

 日本記念日協会によると,2月10日は「封筒の日」「二重(ふたえ)の日」「左利きグッズの日」にも認定されている。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年2月10日 14時11分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201702/20170210-0025869.php
[PR]