2017年 02月 03日 ( 1 )

アイスキャンドル=2012年2月,道の駅ステラ★ほんべつで撮影


  2月4日,本別町で12年間続いた「ほんべつ雪あかりナイト」に代わり,道の駅ステラ★ほんべつ主催の 第1回「冬あかり」 が開催されます。
 アイスキャンドルの灯を絶やさず,冬の本別を楽しむイベントとして再出発します。 イベント名は,道の駅ステラ★ほんべつ「冬あかり」で,商店街有志らと新たに実行委員会を組織しました。
 当日の開催は午後4時から8時まで,駅前だけで2000個前後のキャンドルが並ぶ予定で,現在,町役場や町内幼稚園・小・中・高校の子どもたちも協力し,アイスキャンドルを製作しています。


b0171771_00525514.jpg
道の駅ステラ★ほんべつ
=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『冬あかり』楽しんで 名称変更しイベント再出発 本別」 と伝えています。
 12年間続いた「ほんべつ雪あかりナイト」に代わり,来月4日,道の駅ステラ★ほんべつ主催の第1回「冬あかり」が開かれる。アイスキャンドルの灯を絶やさず,冬の本別を楽しむイベントとして再出発する。

 雪あかりナイトは2005年にスタート。昨年の第12回まで,銀河通や大通両商店街,道の駅にアイスキャンドルを飾り,町中心部を盛り上げてきた。「1町民1キャンドル」をスローガンに,製作数は計1万個を超えた年もあったという。

 昨年,高齢化などの理由から実行委員会が解散。しかし,冬のイベントを望む町民の声もあり,同道の駅(NPO法人銀河ほんべつ運営)が主催する形で継続させることにした。

 イベント名は,道の駅ステラ★ほんべつ「冬あかり」。商店街有志らと新たに実行委員会(柏崎秀行=同道の駅内レストラン秀華経営=委員長)を組織。現在,町役場や町内幼稚園・小・中・高校の子どもたちも協力し,アイスキャンドルを製作している。

 当日の開催は午後4時から同8時まで。駅前だけで2000個前後のキャンドルが並ぶ予定。道の駅施設内では「うまいもの市」と銘打った飲食ブースが登場。焼き鳥や豚汁,お汁粉,ドーナツが販売される。ホットミルクは無料提供。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年1月31日 14時15分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201701/20170131-0025789.php
[PR]