2017年 01月 31日 ( 1 )

b0171771_07230641.jpg
参考写真:十勝川河口(豊頃町大津)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E5%8B%9D%E5%B7%9D

 1月25日,冬の観光素材として注目を集める 大津海岸の氷の塊 「ジュエリーアイス」 の旅行関係者向け早朝観賞会が,豊頃町大津地区で開かれました。
 初めての観光モニターツアーで,参加者は帯広市内からバスに乗って十勝川河口近くの大津海岸や,同地区の食堂,水産加工現場に立ち寄り,豊頃町観光の魅力を探りました。
 豊頃町の十勝川河口近辺の太平洋岸に打ち上げられる氷を「ジュエリーアイス」と言います。大きさ・形は,こぶし大の球形,大きな板状,ラグビーボール形など様々で,透明な宝石やクリスタルのように美しいことからこの名がつきました。

参考サイト:北海道ファンマガジン「ジュエリーアイス」
https://pucchi.net/hokkaido/trippoint/tokachijewelryice.php

 十勝毎日新聞が, 「『ジュエリーアイス』の可能性探る 豊頃で初の観光ツアー」 と伝えています。
 【豊頃】冬の観光素材として注目を集める大津海岸の氷の塊「ジュエリーアイス」の旅行関係者向け早朝観賞会が25日午前,町大津地区で開かれた。初めての観光モニターツアーで,参加者は帯広市内からバスに乗って十勝川河口近くの大津海岸や,同地区の食堂,水産加工現場に立ち寄り,豊頃町観光の魅力を探った。

 帯広市内のホテル有志と町観光協会,帯広観光コンベンション協会,十勝観光連盟で構成する「豊頃ジュエリーアイスツアー実行委員会」(会長・江口豊和十勝ガーデンズホテル宿泊支配人)が企画。観光閑散期の真冬に集客できるツアーの検討を目的に,25日と27日の2回行う。

 25日は管内外から旅行社関係者ら37人が参加。一行は午前6時半ごろに大津海岸に到着し,寒さで海面に霧が立ち上る「けあらし」が発生する中,朝日を背景にジュエリーアイスを撮影した。ジュエリーアイスは凍結した十勝川から海に流れ出た氷が,荒波によって砂浜に打ち上げられるが,この日は丸いきれいな形の氷が少なく,撮影には苦労していた。

-略-

(関坂典生)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年01月25日13時06分の記事
[PR]