2017年 01月 25日 ( 1 )

b0171771_08100401.jpg
「藤丸」デパート
=2016年9月撮影

 1月19日,道内各地の牛乳と乳製品を集めた 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2017」 が,藤丸7階催事場で始まりました。
 全道各地の62工房・社がナチュラルチーズなどを販売されています。
 池田町の「ハッピネスデーリィ」は,昨年のジャパンチーズアワードで最高位となった『森のカムイ』を販売しています。

b0171771_08111861.jpg
ハッピネスデーリィ(池田町)
=2014年8月撮影
 
 十勝毎日新聞が, 「おいしい牛乳,乳製品ずらり 帯広でミルク&チーズフェア」 と伝えています。
 道内各地の牛乳と乳製品を集めた「ミルク&ナチュラルチーズフェア2017」が19日,藤丸7階催事場で始まった。全道各地の62工房・社がナチュラルチーズなどを販売。大勢の客が訪れて目当ての乳製品を買い求めた。24日まで。

 北海道牛乳普及協会とホクレンが主催。牛乳や乳製品の消費拡大を目的に,帯広と札幌(26~31日)の2会場で毎年開いている。チーズや牛乳,ヨーグルトなど約400点で,催事限定の商品も並んだ。

 ハッピネスデーリィ(池田)は昨年のジャパンチーズアワードで最高位となった「森のカムイ」(100グラム700円)を販売。台風被害が大きかった清水町からは,十勝千年の森ランラン・ファームとあすなろファーミングが出展し,あすなろの村上悦啓専務は「断水で2週間工場が止まったが,今は普段通り。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年1月19日 13時58分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201701/20170119-0025699.php
[PR]