2017年 01月 19日 ( 1 )

b0171771_22205624.jpg
帯広市グリーンプラザ
=2011年8月撮影

 1月15日,提供された不用なカレンダーを安価で販売する 「2017年版カレンダーチャリティーバザー」 が,帯広市グリーンプラザで開かれました。
 帯広ボランティア連絡協議会が毎年実施していて,大勢の市民でにぎわいました。
 カレンダーは北海道印刷工業組合十勝支部や団体・個人から寄せられ,昨年より1000部ほど多い4100部が集ましたた。販売収益は,協議会の活動資金に充てられます。

 十勝毎日新聞が, 「カレンダーを格安で販売 チャリティーバザー盛況」 と伝えています。
 提供された不用なカレンダーを安価で販売する「2017年版カレンダーチャリティーバザー」が15日,帯広市グリーンプラザで開かれ,大勢の市民でにぎわった。

 帯広ボランティア連絡協議会(山本勝弘会長)が毎年実施。カレンダーは北海道印刷工業組合十勝支部や団体・個人から寄せられ,昨年より1000部ほど多い4100部が集まった。販売収益は同協議会の活動資金に充てる。

 会場は午前9時の開場前から約100人が列を作る盛況ぶり。商品は100~500円で販売され,来場者は動物や風景が描かれるなどしたさまざまなカレンダーを手に取り,質感やデザインなどを確かめていた。一番人気の日めくりタイプは,用意していた30部ほどが数分で売り切れた。

-略-

(安倍諒)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年01月15日21時00分の記事
[PR]