2017年 01月 05日 ( 1 )

b0171771_15591161.jpg
参考写真:コンピュータ断層撮影(CT)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E6%96%AD%E5%B1%A4%E6%92%AE%E5%BD%B1

 陸別町国保関寛斎診療所は, 新たなCT装置を導入 し,1月から本格運用を始めます。
 新CTは1回転(0.75秒)のX線スキャンで,64コマの断面画像が撮影可能で,該当部を立体化して見ることもできます。

b0171771_16053693.jpg
陸別・国保関寛斎診療所
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「新CT本格運用へ 陸別・国保関寛斎診療所」 と伝えています。
 【陸別】町国保関寛斎診療所(高橋克宗所長)は,新たなCT装置を導入した。1月から本格運用を始める。

 経年劣化に伴う機器の更新。同診療所の後藤敏文技師長によると,新CTは1回転(0・75秒)のX線スキャンで64コマの断面画像が撮影可能。該当部を立体化して見ることもできる。

 撮影時の息を止める時間も10秒以下に短縮され,患者負担を軽減。精密な画像が得られることから,微小な病変も発見できるという。

-略-

(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年12月29日7時00分の記事
[PR]