2016年 11月 19日 ( 1 )

b0171771_22443290.jpg
士幌郵便局
=2014年8月撮影

 士幌郵便局 が,11月16日に 開局100周年 の節目を迎えます。
 16日,「お客さま感謝デー」のイベントを開催し,粗品を町民にプレゼントする他,1世紀の歩みを振り返るパネルを展示します。
 士幌郵便局は1916(大正5)年,旧音更村中士幌に無集配局として誕生し,「中士幌郵便局」と呼ばれ,2年後に集配事務を開始しました。
 その後分村に伴い,村の中心が今の士幌市街地に移動すると,郵便局も移動し1925年に「士幌郵便局」となりました。

 十勝毎日新聞が, 「16日に開局100周年 士幌郵便局」 と伝えています。
 【士幌】士幌郵便局(高野均局長)は,16日に開局100周年の節目を迎える。同日,「お客さま感謝デー」と銘打ったイベントを開催し,粗品を町民にプレゼントする他,1世紀の歩みを振り返るパネルを展示する。

 士幌郵便局は1916年,旧音更村中士幌に無集配局として誕生。「中士幌郵便局」と呼ばれ,2年後に集配事務を開始した。その後分村に伴い,村の中心が今の士幌市街地に移動すると,郵便局も移動し1925年に「士幌郵便局」となった。

 かつては現在の町タウンプラザに構え,約30年前に現在の場所(士幌西2線162)に移った。集配エリアは町内全域で約2500世帯で,現在25人の職員が働いている。

 高野局長は8代目局長として2010年に着任。「士幌の人は温かい人が多く,業務もはかどる」と士幌の印象を語る。

-略-
(川野遼介)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年11月12日7時00分の記事
[PR]