2016年 11月 13日 ( 1 )

b0171771_01524012.jpg
本別町中央公民館
=2016年5月撮影

 10月30日,本別町中央公民館で,北海道文化放送(UHB)で気象キャスターを務める 気象予報士菅井貴子さん を講師に迎えた 暮らしの安全講演会 が開かれ,「変わる北海道の天気と異常気象」をテーマに講演しました。
 会場には,約100人が参加し,近年の「異常気象」などに理解を深めました。

参考サイト:菅井貴子の空ブログ
http://uhb.jp/blog/sorablog/

b0171771_01472785.jpg
参考写真:気象庁庁舎(東京千代田区)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E8%B1%A1%E5%BA%81

 十勝毎日新聞が, 「気象予報士の菅井さんら講師 暮らしの安全講演会 本別」 と伝えています。
 【本別】気象予報士菅井貴子さんらを講師に迎えた「暮らしの安全講演会」(町,自立支援協議会主催)が10月30日,町中央公民館で開かれた。約100人が参加し,近年の「異常気象」などに理解を深めた。

 開会あいさつの後,同協議会の新津和也会長が「障がいのある人の災害避難」と題し,檀上へ。「発達障害者らはわがままで騒いでいるのではなく,理由がある。避難では,さまざまな人がいて,困っている人にどう配慮するのかが重要」とした。

 続いて,北海道文化放送(UHB)で気象キャスターを務める菅井さんが「変わる北海道の天気と異常気象」をテーマに講演。地球温暖化の影響とされる,経験のない天候が増えている現況に触れ,「天気のバランスが崩れてきている。今年の台風・大雨も,その影響に関する予想は難しい。ただ,今台風は新たな経験としてスタートになった」と語り,予報は常に参考にしてほしいと伝えた。

-略-
(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年11月01日23時30分の記事
[PR]