2016年 11月 05日 ( 1 )

b0191190_01264557.jpg
道立農業大学校
=2016年8月撮影

 10月22日,本別町にある道立農業大学校で,学生が生産・加工した農畜産物を販売する 秋恒例の「農大市」 が,校内の学生ホールで開かれました。
 ナガイモ,カボチャなどの農産物,黒毛和牛のステーキやブロック肉のほか,アイスクリーム,チーズ,ソーセージといった加工品も販売さました。 学生たちは,丹精込めて作った農畜産物をPRしました。

b0191190_01284896.jpg
アイスクリーム「仙美里ヶ丘」
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「野菜や肉売り切れ続出 本別・農大市で学生が販売」 と伝えています。
 【本別】道立農業大学校(町西仙美里25,中島隆宏校長)の学生が生産・加工した農畜産物を販売する「農大市」が22日,同校学生ホールで開かれた。

 ナガイモ,カボチャなどの農産物,黒毛和牛のステーキやブロック肉のほか,アイスクリーム,チーズ,ソーセージといった加工品も販売された。ハクサイは1玉100円,ゴボウ500グラム100円など,多くは市価の半額以下の価格設定だった。

-略-

 午前9時半の開始から30分で売り切れの商品も。

-略-
(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年10月26日10時19分の記事
[PR]