2016年 10月 14日 ( 1 )

b0171771_11320337.jpg
参考写真:慶応大学病院(東京都新宿区)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B6%E6%87%89%E7%BE%A9%E5%A1%BE%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%97%85%E9%99%A2

 10月1日,乳幼児精神保健分野の第一人者で,慶應病院小児科医の 渡辺久子氏の講演会 が,帯広市民文化ホールで開かれました。
 保育関係者でつくる「子どもランド・おびひろ」の主催で,渡辺氏は「子どもを伸ばす家庭の力」をテーマに講演しました。

参考:渡辺 久子
 渡辺 久子(わたなべ ひさこ,1948年-)は,日本の医学者,小児科医。医学博士。慶應義塾大学医学部小児科専任講師。
 慶應義塾大学医学部を卒業後小児科,精神科,神経内科,精神分析を学び専門は小児精神科医学,精神分析学,乳幼児精神医学。
 現在慶應病院小児科で思春期やせ症,被虐待児,人工授精で生まれた子ども,自閉症,PTSD(心的外傷後ストレス障害)など,工業化社会の複雑な葛藤に生きる子どもたちを治療的に支援している。
 平成20年8月1〜5日にパシフィコ横浜でアジア初の世界乳幼児精神保健学会第11回世界大会を開催し,日本組織委員会の会長を務める。
著書・編著
 『たっぷり甘えさせて しあわせ脳を育てる!』(カンゼン,平成24年)等多数
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E4%B9%85%E5%AD%90

b0171771_11550393.jpg
帯広市民文化ホール
=2016年9月撮影

 十勝毎日新聞が, 「父母関係を健やかに 小児科医・渡辺久子氏講演要旨」 と伝えています。
 乳幼児精神保健分野の第一人者で,小児科医の渡辺久子氏の講演会が1日,帯広市民文化ホールで開かれた。保育関係者でつくる「子どもランド・おびひろ」の主催。「子どもを伸ばす家庭の力」をテーマにした講演要旨を紹介する。(丹羽恭太)

 母1人で無理しない 日本では家族の力が落ち,お母さんに育児の負担が集中している。赤ちゃんはお母さんだけでは育たず,お母さんがハッピーで,周囲に応援されているときに育児はうまくいく。何でも器用で完璧なお母さんも,1人で無理をしてはだめ。困ったときに周りが手を差し伸べなくなるから。お母さんはまったりして,良い加減でないと。

   
-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年10月09日12時50分の記事
[PR]