2016年 09月 30日 ( 1 )

b0171771_18160131.jpg
しかりべつ湖ネイチャーセンター=2016年8月31日撮影

 紅葉が始まった大雪山国立公園の鹿追町・然別湖畔地区一帯で,台風10号の大雨の影響による 水の問題が深刻化 しています。
 水源の然別湖が濁って全施設が断水し,光バスとともに給水車も往復を繰り返し,ホテルで使用する観光客の飲み水や料理用の水は,鹿追町が応急的に設置した給水所からポリタンクに入れて運んでいます。
 断水が続くのは,しかりべつ湖ホテル福原と然別湖畔温泉ホテル風水,しかりべつ湖ネイチャーセンター,公衆トイレと従業員宿舎で,8月30日から31日にかけての台風10号で源流のヤンベツ川で土砂崩れが発生し,水源の然別湖がかつてないほど濁ったといいます。

b0171771_18154529.jpg
濁流の湖畔川
=2016年8月31日撮影

 十勝毎日新聞が, 「然別湖畔いまだ断水 鹿追」 と伝えています。
 紅葉が始まった大雪山国立公園の然別湖畔地区一帯で,台風10号の大雨の影響による水の問題が深刻化している。水源の然別湖が濁って全施設が断水。観光バスとともに給水車も往復を繰り返し,ホテルで使用する観光客の飲み水や料理用の水は,町が応急的に設置した給水所からポリタンクに入れて運んでいる。観光産業への悪影響が懸念されている上,冬になると水が凍って給水が難しくなることから対策が急務となっている。

 断水が続くのは,しかりべつ湖ホテル福原と然別湖畔温泉ホテル風水,しかりべつ湖ネイチャーセンター,公衆トイレと従業員宿舎。8月30日から31日にかけての台風10号で源流のヤンベツ川で土砂崩れが発生し,水源の然別湖がかつてないほど濁ったという。

 水道水は今月上旬から濁り始め,ホテル2施設とネイチャーセンターは役場瓜幕支所まで飲み水や調理に使う水を調達に行っていた。その後,取水施設の処理能力を超えて浄水場も停止。19日からは,新得町の協力で緊急導入した消防車両や温泉運搬車両など3台体制で,日量100~150トンを鹿追市街地などから配水池へ運搬し,各施設に供給している。   

   -略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年9月29日 13時53分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201609/20160929-0024825.php
[PR]