2016年 09月 03日 ( 1 )

b0171771_03355055.jpg
糠平温泉郷
=2014年8月撮影

 観測史上初めて年間3度の台風が北海道に上陸した8月, 十勝地方は 記録的な大雨 となっています。
 8月1~23日の降水量の速報値では,最も多い上士幌町糠平で605mmとなり,年間を通した月間降水量の十勝管内最多を更新しました。
 十勝管内25観測地点中10地点で8月の最多を,うち8地点で年間の月間最多を記録し,上士幌町三股を除く24地点で,既に8月の平年値を超えています。

b0171771_03333999.jpg
帯広測候所
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「糠平605ミリで月間最多更新 台風3度,8月は記録的大雨」 と伝えています。
 観測史上初めて年間3度の台風が北海道に上陸した8月,十勝地方は記録的な大雨となっている。1~23日の降水量(速報値)は,最も多い上士幌町糠平で605ミリとなり,年間を通した月間降水量の管内最多を更新した。管内25観測地点中10地点で8月の最多を,うち8地点で年間の月間最多を記録。観測期間の関係で平年値を算出していない上士幌町三股を除く24地点で,既に8月の平年値を超えた。

  -略-

 8月の降水量は糠平に続き,三股469ミリ,陸別町小利別439ミリと多くなっている。帯広は227ミリで,台風による河川増水被害のあった足寄は301・5ミリ,新得は344・5ミリ。台風の影響を受けた16~23日に限ると,糠平485ミリ,新得330ミリ,足寄273・5ミリの大雨となった。

 これまでの月間降水量の最多は,1981年8月に上札内で観測した594ミリだった。(池谷智仁)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月24日11時42分の記事
[PR]