2016年 08月 20日 ( 1 )

b0171771_09105926.jpg
参考写真:アラスカ州スワード市
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89_(%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AB%E5%B7%9E)

 8月10日,帯広市と国際姉妹都市・米国の アラスカ州スワード市 の高校生相互派遣事業で,スワードから派遣された生徒2人が,米沢則寿市長を表敬訪問しました。
 7月下旬からスワードを訪れていた帯広の高校生5人も同席し,同市での体験を報告しました。
 スワード市高校のメーガン・カスターさんとメーガン・ムルアリさんは9日に来帯し,20日までの滞在を楽しみにしています。
b0171771_00163961.jpg
帯広市役所
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「スワードの高校生 米沢市長を表敬訪問」 と伝えています。
 帯広市と国際姉妹都市・米国スワード市の高校生相互派遣事業で,スワードから派遣された生徒2人が10日午前,米沢則寿市長を表敬訪問した。7月下旬からスワードを訪れていた帯広の高校生5人も同席し,同市での体験を報告した。

 スワード市高校のメーガン・カスターさん(16)とメーガン・ムルアリさん(15)は9日に来帯。それぞれ「日本の文化を体験したい」「短い時間でできることを全て体験したい」と話し,20日までの滞在を楽しみにしている。

   -略-

 米沢市長はスワードの2人に「十勝・帯広の食べ物や自然,盆踊りなどの歴史や文化を体験して」と歓迎。帯広の5人には,「アラスカでの貴重な体験を今後の学生生活に役立てて」と期待した。 (丹羽恭太)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月10日11時00分の記事
[PR]