2016年 08月 03日 ( 2 )

b0171771_22491211.jpg
本別高校
=2016年5月撮影

 7月26日,本別町介護サービス事業者連絡会主催の 介護職員初任者研修 が,本別高校で始まりました。
 本別高生7人を含む13人が受講し,12月28日まで介護の基本的な知識や技術を学びます。
 研修は130時間で,研修終了後には介護職場で勤務するために必要な介護の基礎資格を取得できます。
 初日は,アメニティ本別施設長の加藤徹己連絡会副会長でが,あいさつしました。

b0171771_23003366.jpg
アメニティ本別
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「高校生ら受講 本別・介護職員初任者研修」 と伝えています。
 【本別】介護職員初任者研修(町介護サービス事業者連絡会主催,町共催)が26日,本別高校で始まった。同校の生徒7人を含む13人が受講,12月28日まで介護の基本的な知識や技術を学ぶ。

 介護人材の確保を目的に開催。今回は高校生や60歳以上のシニア世代,介護事業所に勤める無資格者が対象。

 初日は同連絡会の加藤徹己副会長(アメニティ本別施設長)が「長期間の研修だが,介護施設が専門職を待っていることを忘れずに頑張ってください」とあいさつ。研修を担当するNPO法人帯広高齢者支援協会の東良二代表理事が研修内容について説明した。

   -略-

 研修は130時間で,研修終了後には介護職場で勤務するために必要な介護の基礎資格を取得する。
(鈴木裕之)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年07月28時6分47の記事

参考:介護福祉士
 介護福祉士(かいごふくしし,英: Certified Care Worker)は,社会福祉士,精神保健福祉士と並ぶ,福祉系三大国家資格(通称:三福祉士)の一つである[1][2]。社会福祉士及び介護福祉士法で位置づけられた,社会福祉業務(身体介護・生活援助等)に携わる人の国家資格である。和製英語で,ケアワーカー(CW)と呼称されている。

定義[編集]

 社会福祉士及び介護福祉士法(第二条第二項)において「介護福祉士」とは,第四十二条第一項の登録を受け,介護福祉士の名称を用いて,専門的知識及び技術をもつて,身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護(喀痰吸引その他のその者が日常生活を営むのに必要な行為であつて,医師の指示の下に行われるもの(厚生労働省令で定めるものに限る。以下「喀痰吸引等」という。)を含む。)を行い,並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと(以下「介護等」という。)を業とする者をいう。 名称独占資格の一つである。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E7%A6%8F%E7%A5%89%E5%A3%AB
[PR]
b0171771_06211963.jpg

参考写真:北海道バルーンフェスティバル
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%A3%AB%E5%B9%8C%E7%94%BA#mediaviewer/File:Hokkaido_Balloon_festa_2008.jpg

 上士幌高校出身の作家野口祐加さんが,上士幌高熱気球部をテーマにした小説「天穹(てんきゅう)のバロン」を7月から上士幌高ホームページで連載しています。
 初回は7月26日に公開されました。今後,2週間に1回のペースで更新され,12月末に完結する予定です。
 野口さんは高校卒業後,進学した国学院短大で児童文学やライトノベルを中心とした小説を本格的に書き始めた。現在は帯広畜産大学付属図書館で司書として勤務しながら,執筆活動に励んでいる。

b0171771_07031001.jpg
帯広畜産大学
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「上士幌熱気球部が小説に 卒業生・野口さん執筆」 と伝えています。
 上士幌高校出身の作家野口祐加さん(31)が,同校熱気球部をテーマにした小説「天穹(てんきゅう)のバロン」を7月から同校ホームページ(HP)で連載している。野口さんは「部活に打ち込んで熱くなっている生徒の姿を中高生に見てもらいたい」と話している。

 野口さんは高校卒業後,進学した国学院短大で児童文学やライトノベルを中心とした小説を本格的に書き始めた。デビュー作の「蒼い瞳のソラと銀の魔術書」を含め,これまでに4冊を出版している。現在は帯広畜産大学付属図書館で司書として勤務しながら,執筆活動に励んでいる。

 今回の作品は,実際に同部に所属する女子生徒1人をモデルにした青春小説。東京から北海道へ引っ越してきた主人公の莉緒が,幼少期に初めて熱気球に搭乗したときの感動を思い出して入った熱気球部での活動を描く。猪突(ちょとつ)猛進型で周りのことが見えなくなる主人公が,顧問や仲間と関わりながらパイロットの資格を取るために頑張っていく。

   -略-

 初回は7月26日に公開。今後,2週間に1回のペースで更新され,12月末に完結する予定。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年8月1日 14時07分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201608/20160801-0024369.php


[PR]