2016年 07月 28日 ( 1 )

b0171771_18334452.jpg
参考写真:モンゴルの伝統的な住居「ゲル」
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E5%9B%BD

 7月26~28日に十勝管内で開かれる 第2回日本モンゴル農業フォーラムin帯広 で,モンゴルの行政関係者や研究者ら約30人が26日に十勝入りしました。 フォーラムは十勝農業機械協議会などでつくる実行委が主催し,モンゴルと環境が似た北海道・十勝の寒冷地農業を視察し,ビジネスマッチングを行い両国の連携策を考えます。
 26日の午前中,JA士幌町の篠原末治専務理事が経営する農場をなどを視察しました。
 27日には十勝川温泉第一ホテルで講演会などが開催される。

b0171771_05171714.jpg
十勝川温泉第一ホテル=2012年6撮影

 十勝毎日新聞が, 「モンゴル農業 十勝に学ぶ フォーラムの一行視察」 と伝えています。
 26~28日に管内で開かれる第2回日本モンゴル農業フォーラムin帯広(実行委員会主催)で,モンゴルの行政関係者や研究者ら約30人が26日に十勝入りし,管内の農場などを視察した。27日には十勝川温泉第一ホテルで講演会などが開催される。

 フォーラムは十勝農業機械協議会などでつくる実行委(山田政功委員長)が主催。モンゴルと環境が似た北海道・十勝の寒冷地農業を視察し,ビジネスマッチングを行い両国の連携策を考える。

 訪れたのは駐日大使館参事官や産業,農業分野の官僚,大学教授ら約30人。日本側の日本モンゴル農業協力機構の古賀一成代表理事を含めた一行約40人は同日,管内の畑作農家や酪農家,農機製造工場などを視察した。

 午前9時すぎからは,JA士幌町の篠原末治専務理事が経営する農場を訪問。111ヘクタールで畑作4品を中心に栽培している篠原さんは「GPSガイダンスのトラクターを使い,欧米のような大型化した農業を行っている」などと説明した。
   -略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年7月26日 14時00分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201607/20160726-0024324.php
[PR]