2016年 07月 16日 ( 1 )

b0171771_20390042.jpg
参考写真:亜麻の花
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E_(%E6%A4%8D%E7%89%A9

 更別村協和区の畑作農家小谷広一さんの畑で 亜麻の花が咲き始め ました。
 亜麻は,亜麻仁油(あまにゆ)などの原料として,注目を浴びていて,薄紫色の小さな花が12haの畑一面に広がっています。
 亜麻は1960年代まで繊維用として十勝でも盛んに栽培されていましたが,化学繊維の台頭で姿を消し,近年は種子を絞って抽出する亜麻仁油が健康食材として人気が高まり,小谷さんは6年前から栽培に取り組んでいます。

 十勝毎日新聞が, 「畑一面かれんな薄紫 亜麻の花見頃 更別」 と伝えています。
 更別村協和区の畑作農家小谷広一さん(65)の畑で亜麻の花が咲き始めた。亜麻仁油(あまにゆ)などの原料として,注目を浴びている亜麻。薄紫色の小さな花が12ヘクタールの畑一面に広がっている。

 亜麻は1960年代まで繊維用として十勝でも盛んに栽培されていたが,化学繊維の台頭で姿を消した。近年は種子を絞って抽出する亜麻仁油が健康食材として人気が高まり,小谷さんは6年前から栽培に取り組んでいる。

 企業に出荷するとともに,昨年は管内の農家と協力して会社を興し,自社ブランドの亜麻仁油の販売を始めた。今年の作付面積は昨年の3倍に増やした。
   -略-
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年7月13日 13時51分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201607/20160713-0024223.php
[PR]