2016年 05月 19日 ( 1 )

b0171771_04072463.jpg
ユニホーム風衣装のナウマン象=2016年5月撮影


 プロ野球・北海道日本ハムファイターズ のユニホームなどを着用した像や人が町内に多数出現し,幕別町民の目を楽しませています。
 今年の日本ハムの「179市町村応援大使」の制度で,大谷翔平,市川友也両選手が幕別を担当しています。


b0171771_04071035.jpg
ファイターズの応援ポスター
=2016年5月撮影


 十勝毎日新聞が, 「幕別まるっとファイターズ 応援大使の町」 と伝えています。


 プロ野球・北海道日本ハムファイターズのユニホームなどを着用した像や人が町内に多数出現し,町民の目を楽しませている。

 今年の同球団の「179市町村応援大使」の制度で,大谷翔平,市川友也両選手が幕別を担当する。球団側は26日まで「WE LOVE HOKKAIDOシリーズ」と題し,胸に「HOKKAIDO」と書かれたユニホームを使用している。

 町もこの期間,球団と連動した企画の一環で,町内のパークゴルフ像やナウマン象の像,コミュニティバスの運転手などにユニホームを着てもらい,盛り上げを図っている。

   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年5月18日 13時11分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201605/20160518-0023758.php


[PR]