2016年 05月 09日 ( 1 )

b0171771_12272883.jpg
参考写真:藤田嗣治の肖像=イスマエル・ネリ,1930年代
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E5%97%A3%E6%B2%BB


 4月28日,「エコール・ド・パリの華-藤田嗣治 素描と版画展が,藤丸7階の「勝毎サロン」で始まりました。
 静岡県のギャラリーフタバの主催で,フランスを代表する世界的画家藤田嗣治の肉筆画や版画が展示されます。また,会場では藤田の肉筆画や素描,木版,銅版,リトグラフの版画など約30点を販売しています。

b0171771_10095583.jpg
「藤丸」デパート=2014年8月撮影


参考記事:藤田 嗣治

 藤田 嗣治(ふじた つぐはる,1886年11月27日 - 1968年1月29日)は日本生まれの画家・彫刻家。戦前よりフランスのパリで活動,猫と女を得意な画題とし,日本画の技法を油彩画に取り入れつつ,独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びたエコール・ド・パリの代表的な画家である。フランスに帰化後の洗礼名はレオナール・フジタ(Léonard Foujita)。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E5%97%A3%E6%B2%BB

 十勝毎日新聞が, 「画家藤田嗣治の肉筆画や版画展示 勝毎サロン」 と伝えています。


 「エコール・ド・パリの華-藤田嗣治 素描と版画展」が28日,藤丸7階の勝毎サロンで始まった。フランスを代表する世界的画家藤田嗣治の肉筆画や版画が展示・販売される。5月2日まで。

 静岡県のギャラリーフタバ(大高夢晴代表)の主催。藤田嗣治(1886~1968年)は,モディリアーニやシャガールらエコール・ド・パリ(第1次大戦後のパリを中心に活躍した外国人画家たち)を代表する画家の一人。

 会場では藤田の肉筆画や素描,木版,銅版,リトグラフの版画など約30点を販売している。人気の銅版画「猫十態」シリーズから「ボールと遊ぶ猫」(1929年)の他,2007年~13年にオークションで販売された故君代夫人所蔵の君代コレクションもある。
   -略-
(大木祐介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年04月28日13時15分の記事


[PR]