2016年 05月 02日 ( 1 )

b0171771_12052686.jpg
十勝平原サービスエリア(帯広方向)=2014年8月撮影

 4月29日から,道東自動車道の十勝平原サービスエリアに, 地元特産品を販売する特設ブースが開設 されます。
 十勝管内観光団体などでつくる「道東道とかち連携協議会」とネクスコ東日本北海道支社などが共催して実施します。
 上り・札幌方向は揚げイモ,ゆでトウモロコシ,コロッケなどを販売し,下り線・帯広方向では十勝豚串焼き,フランクフルトを提供します。


 十勝毎日新聞が, 「道東道SAで特産品販売」 と伝えています。


 道東自動車道(道東道)の十勝平原サービスエリア(SA)に29日から,地元特産品を販売する特設ブースが開設される。

 管内観光団体などでつくる「道東道とかち連携協議会」(野村文吾会長)とネクスコ東日本北海道支社などが共催。道内の観光シーズンに合わせ,2010年から開いている。

 上り(札幌方向)は揚げイモ,ゆでトウモロコシ,コロッケなどを販売し,下り線(帯広方向)では十勝豚串焼き,フランクフルトを提供する。
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年04月26日11時15分の記事


[PR]