2016年 04月 30日 ( 1 )

b0171771_04265516.jpg
旧帯広市立第六中学校=2014年8月撮影

 5月14日、自然農法を学びながら交流を深める 「健康菜園六中」が開始 されます。
 主催者は30日まで参加者を募集し、不耕起、無肥料、無農薬の自然農法で、ジャガイモや豆などを栽培します。
 5年目の取り組みで、旧帯広第六中体育館跡地で活動します。


 十勝毎日新聞が, 「自然農法学ぶ菜園 30日まで参加募集」 と伝えています。


 自然農法を学びながら交流を深める「健康菜園六中」が、5月14日に始まる。主催者は30日まで参加者を募集している。

 不耕起、無肥料、無農薬の自然農法で、ジャガイモや豆などを栽培する。帯広市内の飲食店「結YUI」(西1南9)を経営する本間辰郎さんの主催。5年目の取り組みで、旧帯広第六中体育館跡地(東11南9)で活動する。

 5月から来年3月までの毎月第2土曜(午前10時~午後1時)に実施。自然農法や瓶詰め加工、乾燥野菜作りなどの講座と交流会(持ち寄りランチ会形式)を毎月交互に開く。募集は35人で、参加料1万円。18歳以上が条件。
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年04月24日13時26分の記事


[PR]