2016年 04月 27日 ( 1 )

b0171771_03412987.jpg
りくべつ鉄道構内案内図=2014年8月撮影

 4月23日,旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した陸別町の観光施設 「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」の 営業が開始 されました。
 町民らが,気動車の体験乗車や足こぎ式トロッコなどを楽しみました。
 今季の営業は,10月30日までで,開場は午前9時~午後4時半です。
 ゴールデンウイーク期間中の5月4日は,「乗車体験特別運行」として,駅構内から分線まで5.7kmを往復します。


b0171771_03411288.jpg
りくべつ鉄道気動車=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「りくべつ鉄道出発進行 乗車体験運行も」 と伝えています。

 【陸別】旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した観光施設「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」(運営・陸別町商工会)の今季営業が23日,始まった。町民らが気動車の体験乗車や足こぎ式トロッコなどを楽しんだ。

  -略-

 今季営業は10月30日まで。開場は午前9時~午後4時半。ゴールデンウイーク期間中の5月4日は「乗車体験特別運行」(小学生以上有料)として,駅構内から分線まで5・7キロを往復する。問い合わせは町商工会(0156・27・3161)へ。

 りくべつ鉄道は2008年に観光鉄道として営業を始め,今年9シーズン目。車両の運転や乗車体験が人気を集め,昨年の総利用者数は前年より200人多い6300人だった。
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年04月23日13時02分の記事


[PR]