2016年 04月 05日 ( 1 )

b0171771_01320685.jpg
本別町中央公民館=2015年8月撮影

 3月24日,本別町の「福祉でまちづくり」宣言を記念したイベントが,町中央公民館で開かれました。約180人の町民が協働や支え合いによるまちづくりの大切さを確認しmした。
 宣言が行われた2006年から10年となるのを記念し,町,町健康長寿のまちづくり会議,町社会福祉協議会が主催します。テーマは「みんなが主役 新しい地域づくりを考えよう!」です。

b0171771_02292481.jpg
本別町社会福祉協議会(総合ケアセンター)=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「協働や支え合い考える 本別・福祉でまちづくり宣言記念事業」 と伝えています。

 【本別】「福祉でまちづくり」宣言を記念したイベントが24日,町中央公民館で開かれた。約180人の町民が協働や支え合いによるまちづくりの大切さを確認した。

 同宣言が行われた2006年から10年となるのを記念し,町,町健康長寿のまちづくり会議(井出壬午会長),町社会福祉協議会(粂田達一会長)が主催。

 テーマは「みんなが主役 新しい地域づくりを考えよう!」。初めに医療介護福祉地域コミュニティネットワーク国際研究所所長で,東大阪大学教授の鷹野和美氏が講演した。

 これまでも,町の保健,医療,福祉に関して助言している鷹野氏は「国は自治体に対して住民参加による包括ケアシステムの構築を求めているが,本別はその基盤が既にできている。取り組みを継続することで全国の耳目が集まる最高の町ができあがるだろう」と述べた。
   -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月26日6時45分の記事


[PR]