2016年 03月 27日 ( 1 )

b0171771_08342069.jpg
とかちプラザ=2015年8月撮影

 3月18日、帯広市内のとかちプラザで、バイオリニストの和光憂人さん、ピアニストの長尾崇人さんによる リサイタルが開催 されました。
 バイオリンとピアノの織りなす美しい調べに約350人が耳を傾けました。
 2人は、地域に滞在し芸術活動に取り組む「レジデンス・アーティスト」として2014年から十勝に滞在し、管内や全国で幅広く音楽活動をしています。
 2部制で、前半はモーツァルトの「バイオリンとピアノのためのソナタ 第25番ト長調K.301」で幕開けしました。


【参考動画】ヴァイオリンソナタ第25番ト長調 K.301 (モーツアルト作曲)
https://www.youtube.com/watch?v=G7q-GGbAWlg


b0171771_08345883.jpg

参考写真:W・A・モーツァルト
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%87%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88


 十勝毎日新聞が, 「バイオリニスト和光さん長尾さんリサイタル 帯広」 と伝えています。


 帯広市内のとかちプラザで18日、バイオリニストの和光憂人さん、ピアニストの長尾崇人さんによるリサイタル(同プラザ指定管理者のオカモト主催)が開かれた。バイオリンとピアノの織りなす美しい調べに約350人が耳を傾けた。

 2人は、地域に滞在し芸術活動に取り組む「レジデンス・アーティスト」として2014年から十勝に滞在し、管内や全国で幅広く音楽活動をしている。同プラザでのリサイタルは昨年2月に続き2回目。

 2部制で、前半はモーツァルトの「バイオリンとピアノのためのソナタ 第25番ト長調K.301」で幕開け。和光さんの伸びやかなバイオリンの音色と、長尾さんの軽快なピアノが会場に響いた。後半は、クライスラーの「愛の喜び」と「愛の悲しみ」の対照的な2曲で開始。
-略-
(大木祐介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月19日12時38分の記事


[PR]