2016年 03月 18日 ( 1 )

b0171771_07441916.jpg
参考写真:大谷翔平選手(日本ハムファイターズ)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E7%BF%94%E5%B9%B3

 3月14日、幕別町内を走るコミュニティーバス2台が、プロ野球北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手と市川友也選手がデザインされた 「ラッピングバス」に変身 しました。1台のバスは,左側面に大谷選手の投球シーン,右側面に市川選手のバッティングシーン等が大きくデザインされています。
 大谷選手らが幕別町の179市町村応援大使を務める任期の12月末まで町内を走る予定です。
 日ハム球団の応援大使の制度は、選手が1年間、道内市町村の活性化に一役買う制度で、幕別町の担当は大谷選手と市川選手です。


b0171771_07535971.jpg
幕別町コミュニティーバス「さつバス号」=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「コミバスに日ハム大谷選手をデザイン 幕別」 と伝えています。

 【幕別】町内を走るコミュニティーバス2台が14日から、プロ野球北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手らがデザインされた「ラッピングバス」に変身した。同選手らが同町の179市町村応援大使を務める任期の12月末まで町内を走る。町外在住者も乗ることができる。

 同球団の応援大使の制度は、選手が1年間、道内市町村の活性化に一役買う制度で、同町の担当は大谷選手と市川友也選手となっている。

 同町のコミバスは幕別本町地域を巡回する「まくバス」と、札内地域の「さつバス」の2台。球団の許可を得て提供された画像を使い、両側面や背面に両選手が投打でプレーする姿などの写真を載せた。デザインは2台で異なる。

-略-
(眞尾敦)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年03月16日6時00分の記事


[PR]