2016年 02月 12日 ( 1 )

b0171771_19083251.jpg
参考写真:NHK交響楽団本部
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/NHK%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%A5%BD%E5%9B%A3


 足寄町出身のチェロ奏者村井智さんが,NHK交響楽団(N響)の正楽員になりました。 原則,欠員がなければ募集されない“狭き門”ですが,付属教育機関であるN響アカデミーの在籍から3年がかりで,国内最高峰のオーケストラで最も若い正楽員になしました。
 村井さんは1991年生まれ。3歳でバイオリン,4歳でチェロを始めました。足寄小学校,足寄中学校を卒業後,桐朋女子高校音楽科(音楽科は男女共学)を経て,桐朋学園大学音楽学部に進学しました。大学は2年時に中退しましたが,科目履修生としてさらに1年間学び,2014年,楽員から直接レッスンを受けられるN響アカデミーに入りました。

b0171771_19065619.jpg
足寄中学校=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「N響正楽員に 足寄出身のチェロ奏者村井さん」 と伝えています。

 【東京】足寄町出身のチェロ奏者村井智(さとる)さん(24)が,NHK交響楽団(N響)の正楽員になった。原則,欠員がなければ募集されない“狭き門”だが,付属教育機関であるN響アカデミーの在籍から3年がかりで,国内最高峰のオーケストラで最も若い正楽員に。全国各地での公演や収録など多忙な毎日に,「まだまだ学ぶ身だが,正楽員の自覚と責任を持って頑張る」と意気込んでいる。

 村井さんは1991年生まれ。3歳でバイオリン,4歳でチェロを始めた。足寄小,足寄中を卒業後,桐朋女子高校音楽科(東京,音楽科は男女共学)を経て桐朋学園大学音楽学部に進学。大学は2年時に中退したが,科目履修生としてさらに1年間学び,2014年,楽員から直接レッスンを受けられるN響アカデミーに入った。

   -略-

 1年間の「試用期間」で実力が認められ,今年1月から晴れて正楽員に。連日5時間にわたる練習や,月に最低6日間ある定期演奏会に臨み,幅広いレパートリーを演奏している。昨年末は恒例の第九の演奏会の他,放映中のNHK大河ドラマ「真田丸」のテーマ曲収録でも演奏に参加するなど,充実した日々を送る。

 チェロパートには12人が所属。「弦楽器の中で音域が最も広く,難しいが,やりがいがある」ときっぱり。年末年始は実家の足寄町で過ごし,「十勝はほっとできる場所」と笑う。昨年は北海道公演で札幌,函館などで演奏したが,「個々の楽員の演奏能力が高く統一感もある。団にふさわしい実力をつけ,いずれは十勝でも演奏したい」と話している。(原山知寿子)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年02月08日9時34分の記事

参考: NHK交響楽団
 公益財団法人 NHK交響楽団(エヌエイチケイこうきょうがくだん,英語: NHK Symphony Orchestra, Tokyo)は,日本にあるオーケストラの一つ。通称「N響(エヌきょう)」。所在地は東京都港区高輪二丁目16番49号。日本オーケストラ連盟正会員。
 日本最初のプロ・オーケストラであり, 「新交響楽団」が源流[1]である。

オーケストラの運営[編集]
 公益財団法人(2010(平成22)年4月1日より)であり,日本放送協会(NHK)からの出向者が歴代の理事長を務めている。2015年現在の理事長は木田幸紀。NHKから受信料を財源に14億円(2013(平成25)年度)の交付金(国内放送費に計上)を受け,楽団側は演奏の放送などで事業に協力している[2]。その他に民間各社からも支援を受けている。この助成金は,旧放送法,9条2項1号(1988(昭和63)年改正前)「放送番組編集上必要な劇団,音楽団を維持し,養成し,又は助成すること」を根拠に支出されている。この考え方は,現放送法20条(業務)2項6号「前項の業務に附帯する業務を行うこと」に引き継がれている[3]。
 NHKは別途,東京放送管弦楽団など放送用専属オーケストラを主要放送局ごとに持っており,紅白歌合戦などの歌番組や娯楽番組でNHK交響楽団が演奏することはない。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/NHK%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%A5%BD%E5%9B%A3


[PR]