2016年 01月 20日 ( 1 )

b0171771_04202170.jpg
本別中央公民館=2014年1月撮影

 1月16日,本別中央公民館で開催中の 帯広百年記念館移動展 「荘田喜與志とかち帯広の記録展」 の関連事業として,本別出身の帯広百年記念館学芸員・大和田努さんによる講演会が開かれました。
 大和田さんは,「十勝の写真・本別の写真を見る」と題して講演し,本別座が本別劇場として新装開館した町歴史民俗資料館所蔵の写真を紹介し,「写り込んだ映画名から上映した年を調べ,撮影した年を特定しました。さまざまな角度から写真を見ることで情報を引き出すことができる」と語りました。
 移動展には,25人が参加し,展示写真などから昭和の時代を振り返りました。

b0171771_04220695.jpg
帯広百年記念館=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「記録展の魅力を紹介 本別で百年記念館の大和田さん」 と伝えています。

 【本別】中央公民館で開催中の帯広百年記念館移動展「荘田喜與志とかち帯広の記録展」(2月18日まで)の関連事業として,町出身の同館学芸員・大和田努さん(30)による講演会が16日,同公民館で開かれた。25人が参加し,展示写真などから昭和の時代を振り返りながら,懐かしい街並みの写真に隠れたサインを探った。

 大和田さんは,「十勝の写真・本別の写真を見る」と題して講演した。本別座が本別劇場として新装会館した町歴史民俗資料館所蔵の写真を紹介し,「写り込んだ映画名から上映した年を調べ,撮影した年を特定できた。さまざまな角度から写真を見ることで情報を引き出すことができる」と語り掛けた。

 また,自ら撮った本別の現在の街並みもスライドで示し,「ふるさと銀河線が廃止になって今年で10年がたち,鉄道があった風景はなくなりつつある。『今』を記録することは重要」と強調した。
   -略-
(小寺泰介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月18日6時00分の記事


[PR]