2015年 12月 12日 ( 1 )

b0191190_00511534.jpg
佐倉地区・佐倉小100周年記念掲示=2015年8月撮影

b0171771_23124762.jpg 12月5日,士幌町佐倉地区 開基100周年 と佐倉小学校 開校100周年JA士幌町佐倉事業所開所50周年 を祝う記念式典・祝賀会が,同校体育館で開かれた。全校児童や地域住民ら約270人が節目を祝いました。
 式典では記念協賛会の森本真隆会長らが式辞やあいさつをしました。 また,祝賀会では,堀江博文町教育長の発声で牛乳で乾杯し,祝宴では全校児童による合唱やスライドショーが披露されました。
 大正2年,旧佐倉藩主で伯爵の堀田正恒氏が士幌にて農地開拓を行い,佐倉農場を開設しました。入植者のために浄財を投じ「佐倉小学校」を開校するなど,千葉県佐倉市と士幌町佐倉地区との関係は長く続いています。


佐倉小学校開設地記念碑
=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「住民と児童,100年の節目祝う 士幌佐倉地区・佐倉小」 と伝えています。

 【士幌】町佐倉地区開基100周年と佐倉小学校開校100周年,JA士幌町佐倉事業所開所50周年を祝う記念式典・祝賀会が5日,同校体育館で開かれた。全校児童や地域住民ら約270人が節目を祝い,さらなる発展を誓った。

 式典では記念協賛会の森本真隆会長が「本日は開拓者のご子孫である堀田正典さんご夫妻も千葉県佐倉市からお越しいただいた。このような大きな節目に立ち会えたことは光栄で,この地区を築いた方々へ敬意を称するとともに佐倉の発展を心から祈念する」と式辞,阿部実佐倉公民館推進委員長,清水敏文校長,小野春信佐倉地区農協運営協力委員長があいさつした。

 続いて森本会長が長年にわたって佐倉地区の発展に寄与した公民館推進委員長や歴代校長,歴代事業所長ら98個人・2社に感謝状を贈呈。山下博司事業部長が記念石碑の設置やサクラの記念植樹など記念事業に関して事業報告し,来賓の小林康雄町長,加納三司町議会議長,上野靖十勝教育局長,高橋正道JA士幌町組合長が祝辞を述べた。

   -略-
 祝賀会では堀江博文町教育長の発声で牛乳で乾杯。祝宴では全校児童による合唱やスライドショーが披露され,篠原末治同JA専務理事の万歳で幕を閉じた。(小縣大輝)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年12月07日06時00分の記事


[PR]