2015年 12月 04日 ( 1 )

b0171771_21221901.jpg
参考写真:台湾新竹県「合興駅」木造駅舎
旧駅部分の線路は木製の踏板で覆われている。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E8%88%88%E9%A7%85


 帯広市内の観光名所「幸福駅」と台湾北西部新竹県の合興(ホーシン/ごうこう)駅の 姉妹駅構想 に,市は調査費100万円を補助する方針を固め,12月定例会に補正予算案を提案します。
 市はこれまで構想に慎重で,補助金支出方針を示すのは初めてで,外国観光客入り込み数で道内で“一人負け”を続ける十勝観光のてこ入れを図る考えがあるとみられます。
 構想は2014年から民間団体「十勝日台親善協会」が模索していました。調査費を活用し,同協会は来年1月にも台湾を訪れ,姉妹駅の実現可能性などを現地担当者と協議する考えです。


b0171771_23121468.jpg

旧JR「幸福駅」=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「姉妹駅実現へ一歩 帯広・幸福駅と台湾・合興駅」 と伝えています。


 帯広市内の観光名所「幸福駅」(幸福町東1線)と台湾北西部の合興(ごうこう)駅(新竹県)の姉妹駅構想に,市は調査費100万円を補助する方針を固め,12月定例会に補正予算案を提案する。市はこれまで構想に慎重で,補助金支出方針を示すのは初めて。外国観光客入り込み数で道内で“一人負け”を続ける十勝観光のてこ入れを図る考えがあるとみられる。

 構想は2014年から民間団体「十勝日台親善協会」(曽我彰夫会長)が模索していた。調査費を活用し,同協会は来年1月にも台湾を訪れ,姉妹駅の実現可能性などを現地担当者と協議する考え。実際に調印書にサインする団体は未定だが,関係者は「来年度中には締結を」と意気込む。曽我会長は「これまでの取り組みが前進する。十勝から合興に観光客を送り出したい」と歓迎する。

 市が慎重姿勢だったのは,日本と台湾に国交がない上,中国・朝陽市と国際友好都市の関係にあることが背景にあったとみられる。幸福駅は市有物件だが,市は「姉妹駅構想は民間団体同士の交流」と,一歩引いたスタンスだった。

 一方,観光面では,アジア圏で北海道観光がブームとなる中,十勝だけが恩恵を受けていなかった。道によると,道内の外国人宿泊客数は14年度,全道平均が前年度比98.8%増とほぼ倍増したが,十勝は同10.8%増。圏域別でも最下位で,下から2番目の釧路・根室の70.6%増にも大きく水を開けられた。

 こうした中,台湾からの十勝観光客は同年,宿泊人ベースで4万8545人と全体の3分の1以上を占め,伸び率も23.8%増と好調。
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年11月27日 13時27分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201511/20151127-0022369.php


[PR]