2015年 11月 24日 ( 1 )

b0171771_05093445.jpg

本別警察署=2014年8月撮影


 11月17日,本別町商工会と本別警察署は, 飲酒運転根絶対策に関する協定 を締結しました。
 道内で地域の商工団体と警察署がこの種の協定を結ぶのは本別署が初めてで,同署は近く,足寄,陸別の業界団体とも同様の協定を結ぶ予定です。
 協定によると,飲酒運転根絶に向けた双方の協力態勢を明記し,商工会加盟の飲食店は,飲酒運転防止に関するポスターなどを店内に掲示,飲酒しない運転役を決めるハンドルキーパー運動などに取り組む計画です。

b0171771_05113421.jpg

本別町商工会館=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「飲酒運転根絶で協定締結 本別町商工会と本別署」 と伝えています。


 【本別】町商工会(岡崎勉会長,266事業所)と本別署(會田英一署長)は17日,飲酒運転根絶対策に関する協定を締結した。道内で地域の商工団体と警察署がこの種の協定を結ぶのは本別署が初めて。同署は近く,足寄,陸別の業界団体とも同様の協定を結ぶ予定。

 協定によると,飲酒運転根絶に向けた双方の協力態勢を明記。商工会加盟の飲食店は,飲酒運転防止に関するポスターなどを店内に掲示,飲酒しない運転役を決めるハンドルキーパー運動などに取り組む。

 本別署は商工会に対し,飲酒運転防止や交通安全に関する情報や資料を提供するなどして,商工会の取り組みを支援する。

 同署では飲酒運転の根絶に向け,9月から署管内の飲食店に協力を呼び掛ける独自のキャンペーンを展開。飲酒運転防止のチラシなどを店内に置いてもらい注意喚起を促している。今回の協定締結は,こうした取り組みを受けた形。

 この日,同署署長室で岡崎会長と會田署長が協定書に署名。岡崎会長は「車の運転と無縁な事業所は皆無。全事業所に協定の趣旨を徹底し,安全・安心なまちづくりの一翼を担うべく取り組みたい」と抱負を述べた。

   -略-

 同署では20日に足寄町飲食店組合(広田晃組合長),26日に陸別料飲店組合(秦秀二組合長)とも同様の協定を締結する予定。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年11月18日11時05分の記事


[PR]