2015年 11月 17日 ( 1 )

帯広市立啓北小学校=2012年5月撮影

 日本PTA全国協議会が主催する, 第37回全国小・中学校PTA広報紙コンクール で,帯広啓北小学校の広報紙「こんにちは。」が, 最高賞の文部科学大臣賞を受賞 しました。
 道内からの大臣賞受賞は珍しく,発行に当たる啓北小PTA広報部のメンバーら関係者を喜ばせている。

 PTA広報紙コンクールは,前年度発行のPTA広報紙を対象に,記事や編集,レイアウト,見出しなどを審査します。今回の応募総数は,小学校で3642校に上り,各地方審査を通過した351校の中から3度の審査を経て入賞作品が選ばれました。


b0171771_19480362.jpg
帯広市立啓北小学校=2012年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「帯啓北小広報紙が全国一 給食特集やコーナー充実」 と伝えています。

 【帯広】第37回全国小・中学校PTA広報紙コンクール(日本PTA全国協議会主催)で,帯広啓北小学校(木下剛校長,児童390人)の広報紙「こんにちは。」が最高賞の文部科学大臣賞に輝いた。道内からの大臣賞受賞は珍しく,発行に当たる同校PTA広報部(中渡久哉部長,26人)のメンバーら関係者を喜ばせている。表彰式は19日に東京都内で行われる。

 同コンクールは前年度発行(年2回以上)のPTA広報紙を対象に,記事や編集,レイアウト,見出しなどを審査する。今回の応募総数は小学校で3642校に上り,各地方審査を通過した351校の中から3度の審査を経て入賞作品が選ばれた。

 啓北小の「こんにちは。」はPTA広報部が中心となり,学期ごとに年3回の発行。オールカラーでA4判,12~16ページ。企画から取材,記事の執筆,写真撮影,レイアウトまでほぼ全ての作業を,元広報部員や教諭も含めた編集委員が制作している。2007年にスタイリッシュなデザインにリニューアルし,全道大会では同年から8年連続で入賞している。

 今回は14年度発行の1~3学期号が審査された。このうち2,3学期号は「そうだったのか! 学校給食」(前・後編)と題し,市学校給食センターの設備やメニューを特集。センター長や管理栄養士,市教委への取材を通じ,食器の変化やアレルギー対応などを写真入りでまとめた。昨年度,生徒考案の「南商とりさん親子丼」などが給食で提供された帯広南商業高校クッキング部も取材するなど,さまざまな視点から給食の“今”を紹介した。

 地域のボランティアなどへのインタビューや,児童・PTAの行事・活動,教諭の担当欄など定番のコーナーも充実。3学期号では卒業する6年生全員を表紙に登場(毎年恒例)させるなどし,総合的に高い評価を受けた。
-略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年11月12日 14時07分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201511/20151112-0022255.php2


[PR]