2015年 11月 14日 ( 1 )

b0171771_01480240.jpg
「順心窯」ギャラリー=2011年8月撮影

b0171771_01495305.jpg 11月6日、本別で青木紀子さんが主宰する陶芸の 「順心窯」の 「秋のうつわ展」 が,町南2丁目の順心窯ギャラリーで始まりました。
 順心窯は,1997年6月に青木さんが開窯し,毎年この時期に1年間の作品を中心に展覧会を開いています。
 茶わんや湯飲み,コーヒーカップ,小鉢,花瓶などの生活陶器約200点を展示しています。
 青木さんが教えている教室の生徒5人の作品約100点の他,昨年に引き続き,中札内高等養護学校の生徒による作品も展示されています。

b0171771_01481495.jpg
青木紀子さん(右上)、「順心窯」(本別町南2)
=2011年8月撮

 十勝毎日新聞が, 「順心窯「秋のうつわ展」始まる 本別」 と伝えています。

 【本別】陶芸の「順心窯」(青木紀子さん主宰)の「秋のうつわ展」が6日,町南2の順心窯ギャラリー始まった。8日まで。

 同窯は1997年6月に青木さん(55)が開窯。毎年この時期に1年間の作品を中心に展覧会を開いている。

 茶わんや湯飲み,コーヒーカップ,小鉢,花瓶などの生活陶器約200点を展示している。うわぐすりと粘土の収縮率の違いからできる「貫入(かんにゅう)」と呼ばれるひび割れを際立たせたカップや,白と黒の粘土を練り込んだ盛り皿,木肌を模した高さ40センチの花瓶など新作も並ぶ。

 青木さんが教えている教室の生徒5人の作品約100点の他,昨年に引き続き,中札内高等養護学校の生徒による作品も展示している。

   -略-

 午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)。8日午後1時半からは,会場で中原悦子さん(池田)のフルートの演奏会が開かれる。問い合わせは同ギャラリー(0156・22・2165)へ。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年11月06日10時30分の記事


[PR]