2015年 11月 12日 ( 1 )

b0191190_19565443.jpg
参考写真:産卵期のオス(上)とメス(下)のサケ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B1

 11月6日,大樹町内の小,中学校,高校で,地元で獲れた 秋サケを使った給食 が提供されました。

 子供たちに地元の旬の味覚を味わってもらおうと,今年も大樹漁協さけ定置部会が秋サケ約50kgを提供し,「あきあじのチゲ汁」に調理されました。
大樹小学校=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「給食に秋さけのチゲ汁 大樹漁協が提供」 と伝えています。


 【大樹】町内の小,中学校,高校で6日,地元で獲れた秋サケを使った給食が提供された。

 子供たちに地元の旬の味覚を味わってもらおうと,今年も大樹漁協さけ定置部会(杉森俊行部会長)が秋サケ約50キロを提供。「あきあじのチゲ汁」に調理された。

 大樹小には杉森部会長が訪問し,2年1組で子供たちと一緒に給食を食べた。チゲ汁はおかわりをする子供もいるほどの人気で,子供たちは食べ終わると杉森部会長にお礼を述べていた。
   -略-
(伊藤亮太)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年11月08日11時00分の記事


[PR]