2015年 11月 08日 ( 1 )

b0171771_03263757.jpg
笹川小学校=2015年8月撮影


10月1日,画家神田日勝の少年時代を探る「日勝さんの道草さがし」 が,神田日勝記念美術館友の会が主催して行われました。
 日勝が過ごした学校生活や暮らしから当時の地域や歴史に触れ,人物像に迫ろうと,初めて開催しました。
 日勝が通学していた笹川小学校や笹川郷土資料館を訪問し,菅訓章神田日勝記念美術館長の説明を受けながら日勝に関する写真や資料を見学しました。
 当日は,会員ら16人が参加しました。

b0171771_03373968.jpg
神田日勝記念美術館=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「神田日勝の少年時代を探り人物像に迫る 鹿追」 と伝えています。

 【鹿追】画家神田日勝の少年時代を探る「日勝さんの道草さがし」(神田日勝記念美術館友の会主催)が1日,行われた。


 日勝が過ごした学校生活や暮らしから当時の地域や歴史に触れ,人物像に迫ろうと,初めて開催した。会員ら16人が参加した。


 日勝が通学していた笹川小学校や笹川郷土資料館を訪問し,菅訓章神田日勝記念美術館長の説明を受けながら日勝に関する写真や資料を見学。日勝の1学年先輩の脇坂裕さんが同校に転校してきたときの様子や服装,人柄を紹介し,「東京からの疎開後,地域になじむのは早かった」などと語った。

-略-

(大井基寛通信員)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年11月02日18時05分の記事


[PR]